VMNet で繋ぐ RHL8.0ネットワーク構築

VMWare 3.2を利用して仮想ネットワーク(VMNet)の構築をおこないました。このネットワークは、OpenPBSのテストを目的とし、バッチシステムのサーバ(キュー)の役割を持たせるHost OSも、その上で稼働し実行ホストの役割を持たせる複数のGuest OSもすべて、RHL8.0 (実際はこちらのRed Hat Linux 8.0) を用いました。

内容

2003-02-25桑村 潤

システム構成

さきに、RHL8.0上で稼働するVMWareを利用して複数のGuest OSにRHL8.0をインストールしてテスト用のネットワークを作ります。

  • バッチシステムのサーバ -- Host OS
    • ホスト名: server
  • 複数の実行ホスト(CPUサーバ) -- Guest OS
    • ホスト名: linux1, linux2, linux3
                   +---------Host-OS--------+
                   | server                 |
                   |                        |
                   | Guest-OS-+  Guest-OS-+ |
                   | | linux1 |  | linux2 | |
                   | +--------+  +--------+ |
                   |       Guest-OS-+       |
                   |       | linux3 |       |
                   |       +--------+       |
                   +------------------------+

                +--------+  +--------+  +--------+
                | linux1 |  | linux2 |  | linux3 |   バッチシステムの実行ホスト
                +----+---+  +----+---+  +----+---+
                 eth0|*.11   eth0|*.12   eth0|*.13
                     |           |           |
 o-------+-----------+-----------+-----------+-------o 192.168.218.0/255.255.255.0
         |
      *.1|vmnet1
     +---+----+
     | server |    バッチシステム(バッチキュー)のサーバ
     +--------+

server (Host OS)のインターフェースの構成はvmnet1のドライバ構成で見ることができます。

# /sbin/ifconfig -a
...
vmnet1    Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:C0:00:01  
          inet addr:192.168.218.1  Bcast:192.168.218.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
...

linux? (Guest OS)のインターフェースの構成はeth0のドライバ構成で見ることができます。

linux1# /sbin/ifconfig -a
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:C7:C3:D9  
          inet addr:192.168.218.11  Bcast:192.168.218.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
...

linux2# /sbin/ifconfig -a
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:C7:C3:DF  
          inet addr:192.168.218.12  Bcast:192.168.218.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
...

linux3# /sbin/ifconfig -a
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:C7:C3:DD  
          inet addr:192.168.218.13  Bcast:192.168.218.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1

各種サービスの設定

バッチシステムの運用に必要な各種ネットワークサービスの設定を行います。

DNSサービスの設定

a) サーバ側

serverでVMNetネットワーク向けにDNSサービスを走らせます。ここでは、VMNetのドメインを vmnet.rccm.jp とし、次のようなゾーンファイルを /etc/named/vmnet.zone に作り、

$TTL 86400
@       IN      SOA     server.vmnet.rccm.jp.  root.server.vmnet.rccm.jp. (
                        1 ; serial
                        28800 ; refresh
                        7200 ; retry
                        604800 ; expire
                        86400 ; ttl
                        )
@       IN      NS      sabor3
sabor3  IN      A       192.168.218.1
1       IN      PTR     sabor3
linux1  IN      A       192.168.218.11
11      IN      PTR     linux1
linux2  IN      A       192.168.218.12
12      IN      PTR     linux2
linux3  IN      A       192.168.218.13
13      IN      PTR     linux3
linux4  IN      A       192.168.218.14
14      IN      PTR     linux4

このファイルの指定を/etc/named.confファイルに次のように追加します。

zone  "vmnet.rccm.jp" { 
        type master; 
        file  "vmnet.rccm.jp.zone"; 
};
zone  "218.168.192.in-addr.arpa" { 
        type master; 
        file  "vmnet.rccm.jp.zone"; 
};

リゾルバの設定ファイル /etc/resolv.conf を次のようにします。

search vmnet.rccm.jp
nameserver 192.168.218.1

b) 実行ホスト側

リゾルバの設定のみファイル /etc/resolv.conf に記述します。

search vmnet.rccm.jp
nameserver 192.168.218.1

DCHPサービスの設定

a) サーバ側

VMNetのDHCPサービスの設定は/etc/vmware/vmnet1/dhcpd/dhcpd.confで行われます。このファイルに実行ホストのMACアドレスとIPアドレスとの対応付けを登録します。

   host linux1 {
       hardware ethernet 00:50:56:C7:C3:D9;
       fixed-address 192.168.218.11;
   }
   host linux2 {
       hardware ethernet 00:50:56:C7:C3:DF;
       fixed-address 192.168.218.12;
   }
   host linux3 {
       hardware ethernet 00:50:56:C7:C3:DD;
       fixed-address 192.168.218.13;
   }

b) 実行ホスト側

おそらく、インストール時DHCPクライアントとして設定してあると思いますが、もしそうでなければ、netconfigコマンドで設定します。

TIMEサービスの設定

a) サーバ側

時刻合わせにTIMEサービスを使います。NTPでもかまわないのですが、ここでは設定が簡単なTIMEサービスを使います。TIMEサーバはxinetdデーモンが面倒を見ますので、chkconfig を使ってサービスを有効にし、xinetdの初期化をして構成を読み直させます。

# /sbin/chkconfig time on
# /etc/init.d/xinetd reload

b) 実行ホスト側

定期的に時刻合わせをするようにCRONサービスに登録します。

# echo "/usr/bin/rdate -s server" > /etc/cron.daily/time
# chmod +x /etc/cron.daily/time

これでも時刻が頻繁に狂うようなら、 /etc/cron.daily/ディレクトリのかわりに/etc/cron.hourly/ディレクトリの下にコマンドファイルを置きます。

NFSサービスの設定

a) サーバ側

OpenPBSの実行もジュールを含む、実行ホストで使う共通のプログラムや入出力のためにNFSを利用してストレージをを共有します。ここでは、serverの/opt/pbs/というディレクトリ以下を共有とする設定を行います。

本来、実行プログラムは実行ホスト側からは読み込みのみとして、入出力ファイルとは分けるべきですが、今回のテストでは簡便のために同じファイルシステムにて共有するようにします。 まず、ディレクトリを作成します。

# mkdir -p /opt/pbs

この/opt/pbs以下のファイルシステムを実行ホストへ輸出(export)するための設定を/etc/exportsファイルに記述します。

/opt/pbs                 linux1(rw,sync,no_root_squash)
/opt/pbs                 linux2(rw,sync,no_root_squash)
/opt/pbs                 linux3(rw,sync,no_root_squash)

この記述の中の "(rw,sync,no_root_squash)" はマウントした実行ホスト側でもroot権限で書き込みができるようにします。 chkconfigコマンドで、次の起動からNFSサービスが自動的に有効になるようにしておきます。

# /sbin/chkconifig nfs on
# /sbin/chkconifig --list nfs

"--list" オプションでNFSサービスが有効になったかどうかの確認ができます。

なお、マルチユーザモードの実行レベル(run level)は3です。

b) 実行ホスト側

serverからNFSでエキスポートされたファイルシステムは、mountコマンドでマウントすることができます。serverと同じ/opt/pbsというディレクトリを使ってマウントしてみます。

# mkdir -p /opt/pbs
# mount -t nfs server:/opt/pbs /opt/pbs
# df /opt/pbs

df コマンドでファイルシステムがマウントされていることを確認できます。次から起動時に自動的にマウントするためには、/etc/fstabファイルに次の行を追記しておきます。

server:/opt/pbs         /opt/pbs        nfs     auto            0 0

SMTPサービスの設定

a) サーバ側

Sendmailデーモンプロセスはおそらく既に走っていると思います。psコマンドで確認できます。

# ps ax | grep sendmail
22444 ?        S      0:15 sendmail: accepting connections
22454 ?        S      0:00 sendmail: Queue runner@01:00:00 for /var/spool/client

念のためchkconfigコマンドでOSのブート時にsshdが起動される設定になっていることを確認しておきます。

# chkconfig --list sendmail
sendmail        0:オフ  1:オフ  2:オン  3:オン  4:オン  5:オン  6:オフ

sendmailの設定は /etc/mail/ ディレクトリに移って作業をするのがよさそうです。 まず、サーバーで受け取るメールの宛先のドメイン名を local_host_names ファイルに登録します。

# cd /etc/mail/
# cat > local_host_names
server.vmnet.rccm.jp
vmnet.rccm.jp
^D

注 ^D はコントロールキーとDキーを同時に押すことを示し、ファイルの終了を意味するコードになります。

次に、sendmail.mc ファイルを編集して localhost からのメールしか受け取らなくなっている既定の設定を変更します。DAEMON_OPTIONS で接続を許すアドレスがローカルホストのみとなっているのをコメントにして除外(行頭に dnl を挿入)します。次はもとの設定との差分で、下の方が変更後です。

# diff sendmail.mc.orig sendmail.mc
56c56
< DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')
---
> dnl  DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')

変更したファイルを保存したら、make を実行して sendmail.cf を作りなおし、sendmail デーモンを再起動させます。

# make
# /etc/init.d/sendmail restart

b) 実行ホスト側

設定は不要です。確認のため試しにserver の sendmail デーモンプロセスに接続してみます。

# telnet server 25
Trying 192.168.218.1...
Connected to server.vmnet.rccm.jp (192.168.218.1).
Escape character is '^]'.
220 server.vmnet.rccm.jp ESMTP Sendmail 8.12.5/8.12.5; Tue, 25 Feb 2003 17:53:50 +0900
quit
221 2.0.0 server.vmnet.rccm.jp closing connection
Connection closed by foreign host.

SSHサービスの設定

a) サーバ側

SSHのデーモンプロセスはおそらく既に走っていると思います。psコマンドで確認できます。

# ps aux | grep sshd
root       807  0.0  0.0  3280 1472 ?        S    Feb14   0:01 /usr/sbin/sshd
...

念のためchkconfigコマンドでOSのブート時にsshdが起動される設定になっていることを確認しておきます。

# chkconfig --list sshd
sshd            0:オフ  1:オフ  2:オン  3:オン  4:オン  5:オン  6:オフ

b) 実行ホスト側

双方向でsshコマンドが利用できるよう、サーバ側と同様にSSHのデーモンプロセスが走っていることを確認します。

リモートコマンド用SSHの設定

リモートコマンドが円滑に使えるようSSHの設定を行います。旧来のバークレーのRSH(リモートシェル)系コマンドはパスワード認証をバイパスするよう設定すると、ホスト名だけが便りのホスト認証になります。ホスト名は簡単に詐称できてしまうためセキュリティが低いとされ、昨今ではほとんど使われなくなりました。 これにに対してSSH(セキュアシェル)系のコマンドでは鍵のペアを認証に使うことが可能で、しかもセッションが暗号化されるということもあってセキュリティは高いとされRSH系に代わって使われることが多くなりました。

まず、ssh-keygenコマンドを実行し、リモートコマンドを使いたいアカウントで認証に使う鍵の対(ペア)を生成します。

# ssh-keygen -t dsa
Generating public/private dsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_dsa): リターン
Enter passphrase (empty for no passphrase): リターン
Enter same passphrase again: リターン
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_dsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_dsa.pub.
The key fingerprint is:
xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx root@server

ここではすべてのプロンプトに対してリターンキーだけを押して返しました。最後の行のxxは実際には十六進数値が表示されます。 (例えば、0c:dc:09:b7:34:d5:a1:a5:e6:13:fb:50:e8:17:bb:5b) うまくゆけば、.ssh/ ディレクトリに id_dsa というプライベート鍵(秘密鍵)と id_dsa.pubというパブリック鍵(公開鍵)ができます。パーミッションに注意して見ると、プライベート鍵へは持ち主しかアクセスすることができないことがわかります。

# ls -l .ssh/
合計 8
-rw-------    1 root     root          668  2月 25日  15:01 id_dsa
-rw-r--r--    1 root     root          600  2月 25日  15:01 id_dsa.pub

パブリック鍵の方は、実際にはリモートのホスト(実行ホスト)の同じく .ssh/ディレクトリ下に authorized_key2 という名前でコピーして使います。ここでは、相互にSSH系コマンドが使えるようにするため簡便な措置として同一のプライベート鍵とパブリック鍵の対を各実行ホストにコピーすることにしたいので、単に名前を変えることにします。

# mv .ssh/id_dsa.pub .ssh/authorized_keys2

次に実行ホストを既知のホストとして認識するための記載を .ssh/known_hosts に行いたいのですが、これはSSH系のコマンドを実行ホストに対して実行した時にコマンドから聞かれるので yes を返すと登録されます。これを、鍵の対のリモートコピーの際に行うことにします。

# scp -r .ssh  linux1:
The authenticity of host 'linux1 (192.168.218.11)' can't be established.
RSA key fingerprint is ff:f8:33:34:f2:c0:c6:27:5b:b2:ec:d2:88:3c:de:03.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'linux1,192.168.218.11' (RSA) to the list of known hosts.
root@linux1's password: xxxxxxxxxxxxxxxx
known_hosts          100% |*****************************|   231       00:00
id_dsa               100% |*****************************|   668       00:00
authorized_keys2     100% |*****************************|   601       00:00

ここでは、鍵の交換前のためパスワード認証となるので、 xxxxxxxxxxxxxxxx に実際のパスワードを入れる必要があります。

同じように他の実行ホスト(linux2 と linux3)へも鍵のペアをリモートコピーしておきます。

# scp -r .ssh  linux2:
# scp -r .ssh  linux3:

すると同時にすべての実行ホストの含まれた known_hosts ファイルもできているはずで、最後にリモートコピーをしたホストには、そのファイルもコピーされているはずです。ここでは便宜上実行ホスト間でもリモートコピーをできるようにすべてのホストに同じknown_hosts ファイルをコピーすることにします。

最後にコピーを行ったホストへリモートログインをすると、鍵の対による認証が有効になっていることのテストも同時に行うことになります。

# slogin linux3
Last login: Tue Feb 25 11:28:25 2003
[root@linux3 root]# 

そして、最後のリモートホストlinux3からサーバへ known_hosts ファイルをリモートコピーすると、サーバのホスト情報も追加されたファイルができあがるはずです。

[root@linux3 root]# scp .ssh/known_hosts server:.ssh/
The authenticity of host 'server (192.168.218.1)' can't be established.
RSA key fingerprint is 11:6c:e8:19:91:b0:f5:86:3e:57:7c:0c:f1:79:98:ce.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'server,192.168.218.1' (RSA) to the list of known hosts.
known_hosts          100% |*****************************|   923       00:00    

最後はサーバへリモートログインしなおし、そこからそのファイルを残りの実行ホストへリモートコピーすればSSH系コマンドのための配備ができあがります。

[root@linux3 root]# slogin sabor3
Last login: Fri Feb 21 18:29:13 2003
[root@server root]# scp .ssh/known_hosts linux2:.ssh/
known_hosts          100% |*****************************|   923       00:00    
[root@server root]# scp .ssh/known_hosts linux1:.ssh/
known_hosts          100% |*****************************|   923       00:00    
[root@server root]# exit
[root@linux3 root]# exit

※ホームディレクトリのパーミションに注意しましょう。GroupやOtherからは読めなくしなくてはなりません(例:drwx--x--x)。

さて、次はOpenPBSのインストールです。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 04:04:41 (3091d)