PBSProのインストール

ノード毎に単一ジョブを実行させる設定で、PBSPro(PBS Professional ver.7) のインストールについて簡単に説明する。

内容

PBSPro の入手

PBSProは、現在、 PBS Professional Version 7.0.0 となっている(名前がPBSProからPBS Professionalに変更されている。)ライセンスを購入すると http://www.pbspro.com/UserArea/ から、パッケージをダウンロードできる。日本では、アルテアエンジニアリング株式会社 (http://www.altairjp.co.jp/) が取り扱っている。 このサイトにアクセスするために、取得した PBSProffesional アカウントが必要になる。

SiteID: XXXX

Passwd: xxxxxxxx

ここでは、OpteronマシンにLinux版のインストールを行なった。ただし、OSが少し古い RedHat Enterprise Linux ES3 のため、intel 32ビット版のバイナリとなる。バイナリパッケージのファイル名は PBSPro_7.0.0-linux24_i686.tar.gz である。

キューサーバと計算ノードそれぞれにインストールする必要があるので、共有ディスクに展開しておく。

# cd /ds300
# tar xvfz PBSPro_7.0.0-linux24_i686.tar.gz

PBSPro_7.0.0 というディレクトリができる。

PBSサーバのインストール

キューサーバとして使うため、PBSサーバをフルインストールをしてから、モニターデーモンを無効に設定する。

 # cd /ds300/PBSPro_7.0.0
 # ./INSTALL

ホームディレクトリはデフォルトの /var/spool/PBS のまま、インストールの種類を選択する Installation: のプロンプトに対して1を指定する。しばらくして、ライセンスキーの入力プロンプト出るので、代理店経由で取得したPBS Proffesionalのラインセンスキーを1行に1つずつ入力し終えたら^Dを(Ctrlとdを同時に押して)入力する。最後に、サーバーの起動を尋ねられるが、(Enterを押して)そのまま終了する。

/usr/pbs does not exist, I'll make it.
done
...
Home directory? [/var/spool/PBS]リターン
...
PBS Installation:
        1. Server, execution and commands
        2. Execution only
        3. Commands only
(1|2|3)?1リターン
Installing PBS for a Server Host.
*** PBS Installation Summary
...

Please enter the license string(s) (^d to end).
L-xxxxx-xxxxx-xxxx-xxxxxxxxxx-xxx-xxx-UserIDリターン
^Dリターン
Would you like to start PBS now (y|[n])?リターン

ライセンスファイルができていることを確認する。

# cat /var/spool/PBS/server_priv/license_file

キューサーバの設定

PBSサーバは計算には使わないため、て作業で /etc/pbs.conf を修正して、 mom サーバが走らないように設定する。また、SSHのパスフレーズ無しアクセス設定をして、SCPを使うようにPBS_SCPの行を追加設定する。

# vi /etc/pbs.conf
--
...
PBS_START_MOM=0
...
PBS_SCP=/usr/bin/scp
--

各計算ノードでの同時実行ジョブ数がそれぞれ1つずつになるようにノードファイルに指定する。

# vi /var/spool/PBSPro/server_priv/nodes
--
linus pcpus=1 max_running=1
lucy pcpus=1 max_running=1
woodstock pcpus=1 max_running=1
spike pcpus=1 max_running=1
--

PBSサーバ(キューサーバとスケジューラ)を起動します。

# /etc/init.d/pbs start
Starting PBS
Licenses valid for 0 Unix, 4 Linux, and 0 Floating hosts
PBS server
PBS sched

計算ノードのインストール

インストールを行なう各計算ノードは、キューサーバに登録した4台のマシンである。

spike
woodstock
lucy
linus

共有ディスクに展開済みのインストーラを起動すし、"2. Execution only" を選択してインストールを行なう。PBSサーバには snoopy を指定し、ホームディレクトリはPBSサーバと同じくデフォルトの /var/spool/PBS のまま。

# slogin spike
# cd /ds300/PBSPro_7.0.0
# ./INSTALL
...
Home directory? [/var/spool/PBS]リターン
...
PBS Installation:
        1. Server, execution and commands
        2. Execution only
        3. Commands only
(1|2|3)?2リターン
Installing PBS for a Execution Host.
You need to specify a hostname for the Server.
Hostname? [pbsserver]snoopyリターン
you entered: snoopy
is this correct?yリターン
*** PBS Installation Summary
...
Would you like to start PBS now (y|[n])?yリターン
/etc/init.d/pbs
Starting PBS
PBS mom
PBS started
Installation complete

計算ノードの設定

SSH のパスフレーズ無しアクセス設定をし、/etc/pbs.conf を修正してSCPを使うようにPBS_SCP の行を追加設定する。

# vi /etc/pbs.conf
--
...
PBS_SCP=/usr/bin/scp

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 04:04:43 (3174d)